在宅人工呼吸療法 ~HMV(NPPV:Non invasive Positive Pressure Ventilation ・ TPPV)~

気管内挿管や気管切開が不要の為、
患者さまへの負担が少ない人工呼吸療法です。

二酸化酸素が慢性的に蓄積するII型呼吸不全の換気補助をはじめ、近年ではALS、筋ジストロフィーなどの神経筋疾患においても在宅人工呼吸療法は適用されています。
特にNPPVにおいては血液ガスの改善、高炭酸ガス血症に伴う症状や睡眠の改善、入院回数の減少が医学的効果がとして確認され、気管切開を伴う従来の方法より患者さまにやさしい人工呼吸療法として普及しています。

東京ホームケア 在宅人工呼吸療法イメージ

在宅人工呼吸療法について ~ HMV(NPPV:Non invasive Positive Pressure Ventilation・TPPV) ~

呼吸器疾患をはじめ神経筋疾患など、多くの患者さまに在宅での
人工呼吸療法が適用されています。

II型呼吸不全、神経筋疾患などの患者さまの換気を補助し侵襲的人工呼吸と
同様の効果が期待できます。また、簡単にマスクを脱着でき食事や会話を
することが出来るためQOL(生活の質)の向上が期待できる人工呼吸器で
院内〜在宅まで幅広く実施されています。

東京ホームケア 在宅酸素療法について イメージ

NPPVを実施するまで

診 察
医師が診察、評価して、NPPVの適用を決定。
患者さまとご家族に病状、NPPVの必要性と効果について説明します。

処方・トレーニング
検査または入院期間中、実際にNPPV装置を装着して、IPAP圧、EPAP圧、マスク、酸素吸入量、吸入時間などを医師が決定し、機器の取り扱い、生活指導、緊急時の対応などをトレーニングします。

機器の設置
患者さまの退院の日時、処方などについて、弊社にご連絡いただき、退院の前までに機器を設置します。

月一回の定期的な指導
1ヶ月に1回以上、NPPV装置の使用状況、日常生活状況、血液ガスや呼吸の状態について、医師の診察(退院・往診)を受けることが必要です。

東京ホームケア NPPVを実施するまで イメージ

東京ホームケアの在宅人工呼吸療法への取り組み

NPPV専用機器をはじめ、高機能人工呼吸器、マスク、吸引器、蘇生バッグなど、多様な人工呼吸器関連製品を取り扱っております。
院内使用機器から在宅用機器まで、製品はすべて安全基準をクリアしたものだけを取り揃えております。
もちろんHOTと同様に24時間サポート体制を実施し、医療機関さまとの綿密な連携による安全で快適な療養生活を患者さまにご提供致します。

患者さま専用フリーダイアル 0120-115-935